メガネが顔のコンプレックスを強調している

コンプレックスを緩和する工夫をしよう

似合わないメガネをかけていると、顔のコンプレックスを却って強調してしまうことになりかねます。コンプレックスを目立たなくするメガネ選びのコツは、コンプレックスから目を逸らせることができるような形・大きさのものを選ぶと良いです。例えば、顔の大きい人がフレームの小さいメガネをかけると、顔の大きさが強調されてしまいます。この場合は、フレームの大きいメガネをかけることで、相乗効果で顔を小さく見せることができます。また、左右の目の間隔の狭い人が、フレームの中央付近に模様やアクセントのあるメガネをかけると、却って目の間隔の狭さが目立ってしまいます。この場合は、メガネの外側に模様やアクセントのあるメガネを選ぶと、視線が外側に向けられ目の間隔の狭さが目立たなくなります。

輪郭別似合うメガネの探し方

ここでは、輪郭別でコンプレックスを緩和するメガネの選び方を紹介します。丸顔の人は、丸顔を抑えるためにシャープな形のメガネがおすすです。また、フレームの下側でなく上側にアクセントのあるデザインを選び、目線を上に逸らすことで丸顔を目立たなくすることができます。面長の人は、輪郭が縦長でシャープなため、横に広く形が丸っぽいメガネがおすすめです。縦長の顔を緩和し、また柔らかい印象を与えることができます。四角顔の人には、形の丸いメガネがおすすめです。フレームの形が角ばったものを選ぶと輪郭が強調されてしまうためです。自分に似合うメガネを選ぶことで、日々の生活にも自信が持てるようになると思います。メガネ選びの参考にしみてください。

Close
Menu