メガネと黒目の位置が合っていない

黒目の位置は意外と重要

メガネを選ぶ際に、何となくイメージだけで選んでいる人はいないでしょうか。自分ではしっくりくると思って選んでも、他人から見ると何となくアンバランスに見えるケースは少なくないため、メガネを購入する際にはいくつかのポイントをしっかりと押さえたうえで選ぶことが大切です。押さえるべきポイントの一つとして黒目の位置があるのですが、フレームの形状やデザインにばかり目がいって黒目についてはあまり意識していないという人が多いようです。黒目は、目の中央にあるものですので、メガネを掛けたときにレンズの真ん中から上下左右にずれた位置にきてしまうと非常にバランスが悪くなってしまいます。意外に盲点になりがちですので、しっかりチェックするようにしましょう。

黒目の位置がずれているとどうなるのか?

黒目の位置がレンズの中央からずれてしまっていると、見た目のイメージが非常にアンバランスになってしまうのですが、引き起こされる影響は単に見た目の問題というだけに留まりません。もっとも大きいのは、目に対して重大な悪影響が生じるおそれがあるという点です。黒目は物を見る際に焦点を合わせる重要な役割を担うものですので、それがレンズの中心からずれてしまっていると、正しく物を見ることができなくなります。ゆがんだ状態で見続けることによって、次第に視力が悪化したり、場合によっては乱視が進んだりしてしまいますので、メガネを着用して視力を矯正しているはずが、気づいたらさらに目が悪くなっていたという事態に陥りかねないのです。

Close
Menu