顔の形から選ぶ

自分の顔タイプを知って似合うメガネを絞ってみる

メガネには様々な種類があり、ビジネスシーン以外にもファッションで好んで選ばれるようになってきました。しかしどんなメガネも自分に合うわけではありません。沢山ある中から選べない、またはどんなメガネが合うのか分からない場合は、自分の顔のタイプからメガネを選んでみましょう。

顔のタイプには面長、逆三角形、四角顔、丸顔のタイプに分けられます。面長タイプはメガネの形は選ばずにフィットします。逆三角形タイプは小さめのフレームが似合います。四角顔タイプは丸みのあるフレームが似合い、丸顔タイプは角のあるフレームがオススメです。顔幅とフレーム幅が同じぐらいが選ぶ時のコツです。また、眉の形に沿ったフレームを選ぶと良いでしょう。

似合うメガネを選んで自分の印象をアップしよう

似合うフレームが分かったら素材やカラーを選びたくなりますが、好みのメガネを掛けた時にくる黒目の位置にも気をつけてください。黒目が上過ぎたり下過ぎたりしていないか確認します。上過ぎると頼りなく見えたり、下過ぎると違和感があります。外過ぎると離れ目に見え、内すぎると寄り目に見えます。レンズの中心から瞳が1.2mm以内に収まるようなメガネを選びます。

顔形に合ったメガネが見つかったら、フレームの太さを選びます。この時の素材やカラーによって印象が左右されます。フレームが太いと柔らかい印象でインパクトがあり、細いとシャープに見えます。またリムレスでは、リム(枠)が無いので上品な印象を与えます。このように自分の顔に合うメガネが分かっていくと、自分の印象をアップするメガネも見つけやすくなります。

近視の人が適切な矯正視力を得るためには、自分に合った眼鏡を作ることが必要です。眼科医や専門の業者で適切な視力測定を行ったうえで、レンズを選びましょう。

Close
Menu